セキュリティ対策

ウーマン

末端での対策

企業においては、ネットワークセキュリティ対策が非常に重要になっている。不正アクセスを防止することや、外部からの攻撃、ウィルスによる情報漏えい防止などセキュリティ対策は欠かすことができない。これらのセキュリティ対策では、何段階かに分けて対策を行っているケースが多い。通常は社外と接続している、入り口での対策が強化されている。入り口での対策では、ファイアウォールの設置により不正なアクセスを防止したり、攻撃を瞬時に検知しネットワークを切り離すなどの処置が行われる。これらのセキュリティ対策として重要視されているものに、エンドポイント管理がある。入り口でのセキュリティ対策では限界があり、ウィルスの侵入などを完全に防ぐことは難しいとされている。その理由としては、パソコンに接続されたUSBからウィルス感染することや、WEBアクセスを経由して感染するケースなどもある。これらでは、外部からの攻撃ではないため入り口での防止が難しい。エンドポイント管理では、ネットワークに接続する末端であるパソコンなどに対してセキュリティ対策を行われる。エンドポイント管理では、パソコンすべてにセキュリティ対策ソフトを導入することや、セキュリティパッチを確実に当てさせてから社内システムに接続させるなどの管理がある。これらに違反している端末では、社内ネットワークに接続できなかったり、自動で遮断などが行われる。エンドポイント管理を行うことで、対策をより強化できる。