企業での人材育成の今

オフィス

人材のスキルに注目する

タレントマネジメントと呼ばれる手法が、企業での人材育成や活用に活かせるのではないかということで、その利用が日本でも広まっています。タレントは英語の意味で、才能や能力とか資質を指す言葉であり、人事管理の一部に従業員のタレントを含めることになるのです。これにより組織横断的にその時のビジネスプランに沿って、人材開発や人事異動が可能となり、企業にとって大きなメリットが出てくるのです。元々は欧米でこのタレントマネジメントの考え方が出てきており、当初は非凡な才能をどう活かすかということに着目されていたのです。その後企業がグローバル化していき、その中で人材獲得競争が激しくなると共に、一度獲得した人材を如何に活かすかということが考えられてきたのです。こうした流れの中で、タレントマネジメントシステムは発達をしていき、より細かな人材の情報を元に人材開発を行うようになってきたのです。企業においてこのタレントマネジメントシステムを導入するにあたって、重要なのは今まで考えてきた人材管理の方法を変更しなくてはいけないということです。人材は会社の財産であり、長期的にそして継続的にタレントの育成に取り組むようにするべきで、そのためには社内の文化も変える必要が出てくるのです。また取得している資格や学歴ではなく、ビジネス環境での経歴に注目することも、タレントマネジメントを導入する上で重要です。こういった重要なポイントはありますが、グローバル化した現在のビジネス環境では、タレントマネジメントは重要なシステムになっているのです。